マリンスポーツで楽しもう|安い旅行プランも充実!沖縄・与論島(百合ヶ浜)への旅物語

沖縄旅行の醍醐味・シュノーケルの楽しみ方

マリンスポーツで楽しもう

シュノーケル

初めての方でも安心!初心者向けのシュノーケルスポット

沖縄には初心でも安心してシュノーケルが楽しめるスポットが多数あります。それは、沖縄の海が比較的遠浅で、沖まで出なくても十分海が綺麗なため切れ名魚がたくさん見られるからです。
最初にご紹介するのが「真栄田岬/真栄田岬自然公園」です。このスポットは、沖縄本島中央部の西吾川に位置しています。毎年夏には多くの観光客が集まる日本を代表するシュノーケリングスポットです。このスポットの奧には後述する「青の洞窟」があります。
「備瀬崎」は、本部半島から伊江島を見られるビーチで、珊瑚出できた磯が広がり、浅い場所でエンジェルフィッシュなどが見られます。美ら海水族館から近く観光しやすいです。
「瀬底ビーチ」は、沖縄本島から橋にて渡れる離島で、珊瑚のかけらでできた白砂のビーチが約800メートル続いています。透明度も抜群で遠浅ですので小さな子どもでも十分に楽しめます。腰くらいまで浸かるくらいの浅い場所でも色鮮やかな魚が泳いでいるのを見られます。
「水納ビーチ」は、本部半島から船で15分くらいのところにある水納島のビーチです。この島の形状はクロワッサンのようなので、別名クロワッサン島ともいわれています。ビーチは少し沖に行くと深くなりますが、透明度が抜群で大きさ50センチ以上もある大型の魚もみられます。このビーチはバナナボートやパラセーリングなどのアクティビティーも充実しています。
「伊計島」も、沖縄本島東部のうるま市から橋で渡れる離島で、透明度が高くイソギンチャクも多いので人気のカクレクマノミも発見できます。

神秘の世界・青の洞窟とは

青の洞窟というと、イタリアを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それに負けないくらいのスポットが沖縄でもあります。
先ほどご紹介した、「真栄田岬/真栄田岬自然公園」の奥の方にあります。真栄田岬の階段を降りて、泳いで度いくつの入り口を目指して中に入ると神秘的な空間が広がります。ウエットスーツとジャケットを装着すれば、子どもでも泳げない人でも青の洞窟まで行けます。青の洞窟と言われる由縁は、洞窟の中の水面が美しいブルーに光っているからです。これは、太陽の光が洞窟内に入ることで、光が白砂の海底に反射し水面を蒼く光らせているのです。海底が白砂であることが、太陽の光を綺麗に反射させる要因になっています。洞窟内にはたくさんの魚たちがいて、リュウキュウハタンポ、アカマツカサ、ツバメウオ、ウミウシなどと出会えます。

シュノーケル前の心得!海に入る前の3つの準備

バディーと一緒に海に入ろう!

海底ばかりを見ながら、シュノーケリングに夢中になっていると、思いの外沖まで泳いでしまっていることもあります。定期的に顔を上げて自分の位置を確認するようにしましょう。また、海は危険が全くないわけではありません。沖縄の海にはウミヘビなどの危険な生物もいます。危険な生物により噛まれてしまったり、海の中でパニックに陥っておぼれてしまったりしないように、必ず複数以上の人数で常にお互いを確認しながらシュノーケリングと楽しみましょう。自分のペアのバディーを決めておくと良いかもしれませんね。

シュノーケルクリアをマスターしておこう!

シュノーケルの中に水が入って呼吸ができなくなることは良くあることです。その時の水の抜き方として「シュノーケルクリア」という技術があります。これは、お腹に力を入れて一気に息を吐き出すことで、シュノーケルの先端から水が抜けてゆきます。一度、シュノーケルが水に浸かるくらいの深さまで潜水すると必ずシュノーケルに水が入りますので、シュノーケルクリアをマスターしておくと潜水もらくらくとできるようになり、シュノーケルが更に楽しくなります。また、この技術を持っていないと呼吸ができなくてパニックになることがあるので、必ずこの技術を身につけておきましょう。

準備体操

シュノーケリングは、全身を使う運動です。水中で足がつってしまったりしたら足フィンを付けていますので、慣れていないと溺れてしまいかねません。海に入る前には必ず準備運動をしておきましょう。ラジオ体操を一通りやると良いかもしれません。

広告募集中