与論島の自然を楽しもう|安い旅行プランも充実!沖縄・与論島(百合ヶ浜)への旅物語

与論島の人気スポット・百合ヶ浜の魅力

与論島で必ず訪れたい観光地

エメラルドグリーンの海からの波が打ち寄せる海岸

どこまでも広がる完璧に青い海の手前に広がる真っ白い砂浜、まさに楽園とはこのような場所をいうのだろうといっても過言ではないほど美しい海岸が「大金久海岸」です。一日寝そべるもよし、透明度抜群の海でシュノーケルをするもよし。南国の風に吹かれながらまったりした一日を過ごすことができます。

電車は走ってないけど駅はある!?ヨロン駅

与論島には電車が走っていません。しかし、なぜか駅があるのです。それがヨロン駅。国鉄の周遊チケットで与論島にも訪れることができたことを記念して建てられたモニュメントです。行き先は、右には鹿児島、左には沖縄という遊び心も満載ですよ。車両自体はないですが、レールとその上に乗った電車の車輪も見ることができます。

与論島の自然をぎゅっとつめた植物園

「ユンヌ楽園」では亜熱帯気候ならではの植物が見られます。その種類は300種類を超えると言われ、色とりどりの花が鮮やかに咲き乱れています。花の周りを飛び交う蝶や虫たちも暖かい気候ならではで、与論島の自然を大満喫できる施設です。

与論島を眺める絶景穴場ポイント

与論島全体を眺めることのできる小高い丘の上にあるのが「琴平神社」です。与論城跡とも言われていますが、ここから見ることのできる珊瑚の海に浮かぶ美しい与論島は、まさに絶景です。日本だけどどこか日本じゃない雰囲気漂う与論島の神社でお参りをすると、なんだか不思議な気持ちになることでしょう。

与論島の自然を楽しもう

レディ

普通のビーチとは違う!噂の幻のビーチ

与論島を訪れたのなら、絶対に外すことのできない最大の観光スポットといえば幻の砂浜といわれる百合が浜です。百合が浜は、条件がそろわないと出現しないサンドバーなのですが、だからこそ神秘に満ちた空間で過ごす一日は格別です。この砂浜の星の砂を歳の数だけ集めて持ち帰ると幸せになるというロマンチックな言い伝えもあります。

百合ヶ浜に行く前に抑えたい出現スケジュール

百合ヶ浜は、与論島の海岸線にはありません。大金久海岸からグラスボートに乗って沖合いに出ると、現れる幻の砂浜です。といっても、条件がそろわないと現れないのが、この砂浜の醍醐味です。春から夏にかけての大潮の時期に、潮が引いている時間だけこの幻の砂浜に上陸することができます。また、その日によって現れる時間帯も位置も、そして大きさも違います。いつも同じように現れるわけではないからこそ、訪れた一時は一生の宝物になるのです。

往復グラスボードの利用は事前連絡が必須!

百合ヶ浜に行くには、大金久海岸からのグラスボートになります。幻の砂浜だけあって、かなり人気の高いスポットですから、多くの人が訪れるのでグラスボートの事前予約は必須です。特に百合が浜の出現率が高いシーズンは満席になることも多いので早めの予約がよいでしょう。運が良ければグラスボートから、海を悠々と泳ぐウミガメに遭遇することもできます。

広告募集中